top›火災保険と地震保険

火災保険と地震保険

<広告>

<広告>

不動産投資をするために、マンションなどを購入したとします。 しかしもしかすると入居者の火の不始末などを原因として火災が起きる可能性も否定することはできません。

火災保険ですが、通常の保険、総合保険、オールリスクと言う3つのタイプがあります。 この中でもオールリスクの保険に加入することをお勧めします。

例えば、入居者が家賃を支払うことができないからと言って、夜逃げをする可能性もあります。 もし部屋が荒らされた場合には、残存物除去費用と言うのを大家さんは負担しないといけません。 この費用ですが、オールリスクの火災保険に加入していれば、補償を受けることができます。

また日本は地震大国と言われていて、どこで大きな地震が起きるか予想ができません。 ですから、マンション購入する時には地震保険にも加入することをお勧めします。 地震保険ですが、基本的に火災保険の付帯保険という格好で保障を受けることになります。

そこで重要になるのは、補償額についてです。 地震保険は火災保険の半分しか受け取ることができないことになっています。

ですから、もし地震が起きて自分のマンションが全壊してしまった場合、どれくらいの損失になるのかということを考えましょう。 そしてその損失額の倍の火災保険に加入しておかないと、十分な補償額を受け取ることができなくなってしまいます。

このようなことに注意して、地震保険や火災保険にマンション経営をする時には加入しておくべきです。

<広告>

サラリーマン不動産投資コラム
サラリーマンでも不動産投資できるの? 「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで不動産投資を始めたサラリーマンは多い サラリーマンの副業にピッタリ! 自分が納得できなければ無理して投資する必要はない!
お金を生む家を手に入れる! お金を生む家の種類 サラリーマンのワンルームマンション投資のメリット サラリーマンのワンルームマンション投資のデメリット
サラリーマンのファミリー向けマンション投資のメリット サラリーマンのファミリー向けマンション投資のデメリット サラリーマンの一棟アパート投資のメリット サラリーマンの一棟アパート投資のデメリット
サラリーマンの一棟マンション投資のメリット サラリーマンの一棟マンション投資のデメリット サラリーマンの一戸建て投資のメリット サラリーマンの一戸建て投資のデメリット
リート(不動産投資信託)のメリット リート(不動産投資信託)のデメリット 新築ワンルームマンション投資はしてはいけない! 住居系と店舗、事務所系不動産投資の比較
株よりもリスクは低い? お金を稼ぐことに罪悪感を感じてはいけない 不動産投資のリスク1 流動性の低さ 不動産投資のリスク2 人口の減少
不動産投資のリスク3 地震 不動産投資のリスク4 空室リスク 不動産投資のリスク5 金利上昇リスク 不動産投資のリスク6 修繕リスク
不動産投資のメリット1 毎月収入が得られ安定している 不動産投資のメリット2 業績予想が立てやすい 不動産投資のメリット3 自分の努力次第で収益を上げられる 不動産投資のメリット4 利回りが高い
不動産投資のメリット5 少ない自己資金でレバレッジ効果が狙える 不動産投資のメリット6 生命保険の代わりにもなる 不動産投資のメリット7 副業禁止規定に抵触しない 投資エリア選びは大切
やっぱり東京23区内が一番? 雪国の物件は維持管理が大変! 物件選びのポイント1 自分が住みたい物件を選ぶ 物件選びのポイント2 水回りのグレードが大切
物件選びのポイント3 売主、施工会社をチェック 物件選びのポイント4 間取りをチェック 物件選びのポイント5 書面上のチェック 貯金がなければ銀行はお金を貸してくれない
DIYサラリーマン大家さんでリフォーム費用を節約 アパートローンの基礎知識 アパートローンとプロパーローンの違い オリックス銀行のアパートローン
銀行はあなたの勤務先にお金を貸す 良い借金と悪い借金 積算法で物件価格を知る 収益還元法で物件価格を知る
取引事例比較法で物件価格を知る 減価償却とデッドクロス 表面利回りとネット(純)利回り ネット(純)利回りで計算しないと意味がない
新築の賃料はプレミアム賃料 5年も経てば中古賃料 ネットで家賃相場を調べる 販売図面(マイソク)の見方
レントロールの見方 現地調査のポイント 不動産売買の基本 不動産購入の流れ
購入諸費用について 不動産売買契約書の解説 重要事項説明書の解説 不動産は自分で管理するか、他人に任せるか?
家賃保証の契約制度 不動産投資の出口戦略を考えておく 物件を探す方法 物件購入の基準を決めておく
サラリーマン大家になったときの実務 大家さんはサービス業だ! 空室を満室にするテクニック 満室経営を続けるテクニック
お買い得収益不動産の見つけ方 火災保険と地震保険    

<広告>

<広告>