top›投資エリア選びは大切

投資エリア選びは大切

<広告>

<広告>

サラリーマンが不動産投資に興味をもち、これから購入を検討しようとしている人にとって一番大切なのがどんな物件を選べば良いのかということです。

すぐ目に付くのが利回りの高い物件に注目するということです。 安定した収益を得るためにはもちろん、利回りも物件選びのポイントの一つになります。

しかし目先の利回りだけで物件を選んでしまうと失敗してしまうケースもあります。 不動産投資には利回り以外にもエリア選びが大切になってくるのです。

仮に自分がマイホームを購入しようと思っている時、物件の間取りや金額、それに通勤や子供の通学を考えてエリア選びも必ず考えなければいけない部分になっています。

不動産投資の場合は自分が住むわけではないので必ずしもエリアは限定されません。 どこに投資しても良いし大都市が便利と首都圏に注目する人もいますし、地方の方が利回りが良いので地方を選ぶ人もいるでしょう。

しかし、はじめは自分が知っているエリア内の方が、不動産市場の開発動向や街の雰囲気、人々の動きなどをつかみやすいのです。 成功している投資家の多くは自分が住む地元を始めとして資産を拡大している人が多いようです。また変にエリアを固定しすぎない方が成功しやすいようです。

人口の転入・転出の動き、再開発や主要駅が近いなど色々なメリットに注目しがちですが、まずは自分が知っているエリア内から開拓した方が動きが読みやすいし、特徴がつかめるので失敗しない鍵になりそうです。

<広告>

サラリーマン不動産投資コラム
サラリーマンでも不動産投資できるの? 「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで不動産投資を始めたサラリーマンは多い サラリーマンの副業にピッタリ! 自分が納得できなければ無理して投資する必要はない!
お金を生む家を手に入れる! お金を生む家の種類 サラリーマンのワンルームマンション投資のメリット サラリーマンのワンルームマンション投資のデメリット
サラリーマンのファミリー向けマンション投資のメリット サラリーマンのファミリー向けマンション投資のデメリット サラリーマンの一棟アパート投資のメリット サラリーマンの一棟アパート投資のデメリット
サラリーマンの一棟マンション投資のメリット サラリーマンの一棟マンション投資のデメリット サラリーマンの一戸建て投資のメリット サラリーマンの一戸建て投資のデメリット
リート(不動産投資信託)のメリット リート(不動産投資信託)のデメリット 新築ワンルームマンション投資はしてはいけない! 住居系と店舗、事務所系不動産投資の比較
株よりもリスクは低い? お金を稼ぐことに罪悪感を感じてはいけない 不動産投資のリスク1 流動性の低さ 不動産投資のリスク2 人口の減少
不動産投資のリスク3 地震 不動産投資のリスク4 空室リスク 不動産投資のリスク5 金利上昇リスク 不動産投資のリスク6 修繕リスク
不動産投資のメリット1 毎月収入が得られ安定している 不動産投資のメリット2 業績予想が立てやすい 不動産投資のメリット3 自分の努力次第で収益を上げられる 不動産投資のメリット4 利回りが高い
不動産投資のメリット5 少ない自己資金でレバレッジ効果が狙える 不動産投資のメリット6 生命保険の代わりにもなる 不動産投資のメリット7 副業禁止規定に抵触しない 投資エリア選びは大切
やっぱり東京23区内が一番? 雪国の物件は維持管理が大変! 物件選びのポイント1 自分が住みたい物件を選ぶ 物件選びのポイント2 水回りのグレードが大切
物件選びのポイント3 売主、施工会社をチェック 物件選びのポイント4 間取りをチェック 物件選びのポイント5 書面上のチェック 貯金がなければ銀行はお金を貸してくれない
DIYサラリーマン大家さんでリフォーム費用を節約 アパートローンの基礎知識 アパートローンとプロパーローンの違い オリックス銀行のアパートローン
銀行はあなたの勤務先にお金を貸す 良い借金と悪い借金 積算法で物件価格を知る 収益還元法で物件価格を知る
取引事例比較法で物件価格を知る 減価償却とデッドクロス 表面利回りとネット(純)利回り ネット(純)利回りで計算しないと意味がない
新築の賃料はプレミアム賃料 5年も経てば中古賃料 ネットで家賃相場を調べる 販売図面(マイソク)の見方
レントロールの見方 現地調査のポイント 不動産売買の基本 不動産購入の流れ
購入諸費用について 不動産売買契約書の解説 重要事項説明書の解説 不動産は自分で管理するか、他人に任せるか?
家賃保証の契約制度 不動産投資の出口戦略を考えておく 物件を探す方法 物件購入の基準を決めておく
サラリーマン大家になったときの実務 大家さんはサービス業だ! 空室を満室にするテクニック 満室経営を続けるテクニック
お買い得収益不動産の見つけ方 火災保険と地震保険    

<広告>

<広告>